会員市町村・支部専用ページ

日本離島センターからのお知らせ

「しまづくりフォーラム~海鳥を通して考える島づくり」開催のご案内(令和3年11月27日開催)

2021.11.12

 本財団では、離島に関する有識者や研究者、各島で地域づくりに取り組む実践者からのご講演やご報告などを通して、島の将来像や振興策について考え、政策提言などに資するための研修会「しまづくりフォーラム」を不定期で開催いたしております。
 今回は、「海鳥を通して考える島づくり」をテーマに、島と海鳥とのかかわり、海鳥を活用した教育・産業・観光振興などに関する知見を有される平田 和彦千葉県立中央博物館研究員によるご講演と、海鳥を活かした島づくりに取り組まれている齊藤 暢氏(北海道・天売島)と覺正 恒彦氏(東京都・神津島)をお招きし、平田氏も交えて座談会を行います。

【開催概要】
1.日 時:2021(令和3)年11月27日(土)
      15:00~17:00

2.場 所:アイランダー2021 ウェブサイト


3.内 容:1.講演「アイランダー×うみ鳥っぷ――島と人と海鳥のかかわり」
      2.座談会「海鳥を活かした島づくり」
      3.質疑応答

4.講 師:平田 和彦(千葉県立中央博物館 環境教育研究科 研究員)

昭和61年京都府出身。専門は海洋生態学・鳥類学。漁業をはじめとする沿岸域の人間活動が生態系に及ぼす影響や、地域の自然を活用した教育・産業・観光振興に興味を持つ。これまでに天売島・粟島・利島などで海鳥の生態を研究。令和3年千葉県立中央博物館にて夏の展示「うみ鳥っぷ[umi-Trip]―海鳥とめぐる島の旅・半島の旅―」を企画・運営。

5.座談会パネリスト:
○千葉県立中央博物館 環境教育研究科 研究員 平田 和彦
○一般社団法人 おらが島活性化会議 代表 齊藤 暢 (北海道羽幌町・天売島)
「自然環境の保全」と「地域産業の振興」の両立を目指し、環境にやさしい取り組みを行う事業者を認証する町の「羽幌シーバードフレンドリー認証制度」に携わる。体験観光の企画や水産物の商品開発などにも取り組んでいる。
○神津島観光協会事務局長 覺正 恒彦 (東京都神津島村・神津島)
星空保護区神津島において、村と共に星空ガイド育成、認定に携わり、自身も星空ガイドを務める。また、神津島観光協会として、島周辺に生息する海鳥、カンムリウミスズメの保護活動にも取り組む。

6.参加費:無 料 アイランダー2021のHPにて。ブラウザ上からフォーラムの模様を視聴できます。登録や申し込みは不要です。

7.URL:https://www.i-lander.com

【お問い合わせ】
公益財団法人日本離島センター (担当:石川)
Tel:03-3591-1151 Mail:ishikawa@nijinet.or.jp

一覧へ戻る

▲このページのトップへ

公益財団法人 日本離島センター

〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-32 全国町村会館西館5階
TEL 03-3591-1151 FAX 03-3591-0036