会員市町村・支部専用ページ

季刊 『しま』|248号

 

No.248 Vol.62-3 2017.1 January 季刊『しま』目次

グラビア

閉山一五年――産業遺産の島から 長崎県池島
写真・小林 惠

TOPICS

「しま山100選」を選定  pdfこの記事の詳細はこちら(1,658KB)
              グラビアページはこちら(7,381KB)
本誌編集部
平成二九年度「離島人材育成基金助成事業」の募集を開始
本誌編集部

コラム

志磨目八目 その7 「島リゾート」の基本概念の検討 その4
小野晋也
萬葉集の離島生活 その4
菅田正昭

短報

離島の危機管理を米国の体制に学ぶ
仲田成徳
特産品開発に取り組む沖島小学校(滋賀県沖島)
近江八幡市政策推進課地方創生推進グループ 青山雄麿

特集 島の教育と地域づくり・Ⅱ

◆提言

いま、なぜ《高校魅力化》なのか

pdfこの記事の詳細はこちら(3,170KB)

株式会社Prima Pinguino代表取締役 教育政策アドバイザー 藤岡慎二
UIターン者にとって、学校の有無は定住する際の1つの要因である。教育は地域活性化と定住促進の要。学習意欲の向上や生徒の主体性を育む「カリキュラム改革」、ICTとキャリア教育で離島のハンデを克服する「公営塾」、離島留学生を受け入れるための教育寮の設置を柱とし、高校の存続を図り、かつ、それを地域の活性化につなげていくことを目的に各地で成果をあげる高校魅力化プロジェクトを語る。

◆実施事例

東京の島々の先駆けとなった離島留学(東京都神津島――神津高等学校)

pdfこの記事の詳細はこちら(2,249KB)

神津島村教育委員会 委員長 石野田博文
神津島では高校の存続と活性化を図るため、平成26年度から東京都と連携して、離島留学の計画を練り、同28年度からホームステイでの受け入れを実施しています。入学前に島の生活や神津高校の様子を見学・体験できるショートステイへは予想を上回る多くの応募がありました。全校生徒31名に対して、講師も含めた先生の数は15名で、少人数ならではの、和気あいあいとした雰囲気で充実した学習環境が整っています。

「しまね留学」と「高校魅力化」で島全体を活性化(島根県島後――隠岐高等学校)

pdfこの記事の詳細はこちら(2,916KB)

島根県立隠岐高等学校 校長 野々村卓
「現在と、未来の隠岐を支える人材を育成」することを教育目標とする隠岐高校では平成24年度から生徒の募集を全国に広げた「しまね留学」を実施しています。また、「学力向上」「キャリア教育」「隠岐ジオパーク世界発信事業」「部活動の活性化」の4つを柱とする魅力化事業にも取り組んでいます。こうした取り組みを進める上で町の予算で配置されている「高校魅力化コーディネーター」が大きな役割を果たしています。

未来を変える島の学校「島前教育魅力化プロジェクト」(島根県隠岐島前――隠岐島前高等学校)

pdfこの記事の詳細はこちら(3,785KB)

海士町総務課 濱中香理
地域課題解決型学習「地域学」、高校連携型の公立塾「隠岐國学習センター」、全国から多彩な生徒を募集する「島留学」といった特色ある先駆的な取り組みで注目を浴びる隠岐島前高校。来年度からは島前3町村の小・中学校においても島外からの留学生受け入れが始まるなど島前地域全体が未来の地域を担うひとづくりを行う「教育の島」を目指し、日本や世界を先導する「タグボート」として最先端を突き進んでいます。

高校存続に向け、町と高校の連携による魅力化を(広島県大崎上島――大崎海星高等学校)

pdfこの記事の詳細はこちら(2,483KB)

大崎上島町総務企画課 主任 越智悠子
大崎上島町は大崎海星高校の存続に向け、公営塾「神峰学舎」の設置、生徒の全国募集、「大崎上島学」カリキュラム開発などの活性化策に対する支援を行っています。従来、県立高校と町との間に深い関わりはありませんでしたが、学校存続の危機感を共有したことから高校と町との連携体制が構築され、生徒数や町内中学校からの進学率が増加に転じました。近視眼的な目標に留まらず長期的な視点での魅力化に取り組んでいます。

長崎県だからこそできる「しま」を生かした教育(長崎県対馬島・壱岐島・福江島――対馬・壱岐・五島高等学校)

pdfこの記事の詳細はこちら(3,058KB)

長崎県教育庁高校教育課
長崎県は、対馬、壱岐、五島などの「しま」があり、古くから大陸とのかけ橋、文化交流の拠点として重要な役割を果たしてきました。「しま」には、さまざまな歴史や文化があり、美しい自然が残っています。この豊かな自然や文化など、地域の特性を生かした教育事業として、平成15年から「離島留学制度」を実施し、全国各地から入学生を受け入れています。現在実施している3校に加え、平成30年度から奈留高校、五島南高校にも対象校を広げます。

中高一貫校の特色を生かした離島留学へ(鹿児島県与論島――与論高等学校)

pdfこの記事の詳細はこちら(2,151KB)

与論中・高等学校全学年二学級存続プロジェクト委員会 事務局長 田畑豊範
創立50周年を迎える与論高校は、県指定連携型中高一貫教育校で、同校の離島留学制度は全国の中学生も対象としています。中学校との連携を生かし、習熟度に応じた丁寧できめ細やかな指導が特長です。里親型と親子型のほか、生徒単独による借家からの通学を加えた三つの形態で、留学生の受け入れを行うこととしていますが、まだ実績はありません。将来展望としては、各学年10名程度の留学生が常時在学している状態にしたいと考えています。

離島留学、町営塾、地域学――高校魅力化から島づくりへ(沖縄県久米島――久米島高等学校)

pdfこの記事の詳細はこちら(2,660KB)

久米島高校魅力化事業支援員 山城ゆい
園芸科の廃科問題を契機に、町は久米島高校魅力化に平成25年から本格的に取り組み始めました。寮と里親制度を併用した留学生の受け入れ、寮のある交流学習センター「じんぶん館」に併設された町営塾、答えなき問いに対する力を養う「ちゅらゼミ」、町のさまざまな課題について原因分析と解決策の提案を行う「まちづくりプロジェクト」などが実施されています。島で育成した人材が活躍できる地域づくりにも併せて取り組んでいます。

◆実施予定

町立化と離島留学で魅力的な高校に(北海道奥尻島――北海道奥尻高等学校)

pdfこの記事の詳細はこちら(2,323KB)

奥尻町地域政策課 政策推進係長 干場洋介
北海道奥尻高校は平成28年4月に道立から町立に移管し、学校の存続について地元が主導権を持つことになりました。29年度からは高校の離島留学や新たに高校敷地内に整備される中学校との連携型の中高一貫教育が始まる予定です。また、島がまるごと学校「まなびじま奥尻プロジェクト」として、「町おこしワークショップ」「イングリッシュサルーン」「Wi-Fiニーネー」「北の巌流島プロジェクト」など特色ある取り組みを行っています。

島を支える人材を育む離島留学(東京都八丈島――八丈高等学校)

pdfこの記事の詳細はこちら(2,196KB)

東京都八丈町教育委員会 課長 福田高峰
都立八丈高校は普通科、園芸科、家政科の3学科を有する東京の島しょにおける伝統校ですが、生徒数は毎年定員を下回る状況が続いてきました。そのため、都教育委員会、島しょの各町村および各高校が連携し、離島留学の実施に向けて取り組んできたところです。島の振興と活性化を図り、将来の島を支える人材の育成を推進することも目標に、平成29年度の入学生から新たに受け入れるよう、取り組みを進めています。

◆資料

「離島留学」実施高等学校とその概要

pdfこの記事の詳細はこちら(1,222KB)

平成28年度に「離島留学」の制度がある高等学校、および29年度以降同制度を実施予定の高等学校(本誌編集部調べ)について、その概要を紹介する。

寄稿

離島振興の大先達、森國久氏の記録『地方創生に駆けた男』発刊
森 純子
アイスランドとウェストマン諸島の水産業
東京財団上席研究員 小松正之

連載

<写真の向こう側>
寒冷極地彷徨
加藤庸二
<全推連会員の活動紹介②>
六次産業化への挑戦
島根県隠岐島後 吉崎博章
<島の精神文化誌>
第30話 神の島の盆行事(前篇)
土屋 久
<宮本常一写真を読む>
その7 山口県柱島群島(前篇)
藤田慎一
<瀬戸内海の今を歩く>
第61景 山口県八島
齋藤 潤

事業

第一回「しまづくりフォーラム」開催
本誌編集部
「しまづくりサミット2016」開催
本誌編集部
国土交通大臣杯「第九回全国離島交流中学生野球大会」開催
本誌編集部
「第25期 島づくり人材養成大学」開講報告
西原 弘

映画評

ドキュメンタリー映画『海は燃えている――イタリア最南端の小さな島』
本誌編集部

書評

石川直樹・須藤功ほか著『宮本常一と写真』

高橋大輔著『漂流の島――江戸時代の鳥島漂流民たちを追う』

表紙… 長崎県 壱岐島

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている Adobe® Reader™ プラグインが必要です。

人材育成基金

しま山100選

離島甲子園

宮本常一離島論集

ハローワーク

▲このページのトップへ

公益財団法人 日本離島センター

〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-32 全国町村会館西館5階
TEL 03-3591-1151 FAX 03-3591-0036