会員市町村・支部専用ページ

島づくり人材養成大学

島づくり人材養成大学とは、離島住民を対象に島づくりのリーダー養成を目的とした短期集中講座です。平成4年に開講し、これまで520名を越える卒業生を輩出しています。

島づくり人材養成大学趣旨

今日の離島は、わが国経済社会の急速な変化の中で、これまでの離島振興事業を中心とした施策だけでは十分対応できないさまざまな難問を抱えており、若者を中心とする人口減少により急激な過疎化・高齢化が進み、地域独自の創意と工夫を凝らした離島地域社会の創造が急務となっています。
このため本財団では、各島々でコミュニティの活性化や産業振興に取り組んでいる実践者を中心に、地域づくりに取り組む人材養成のため短期集中型の研修を開催しています。
この島づくり人材養成大学は、島を取り巻く環境や求められているニーズの的確な把握、島の有形・無形の資源の再発見、その活用方法や島の優位性の把握など地域づくりの手法を中心に研修を重ね、近年における社会経済の急速な進歩や変化に対応しうる独創性を兼ね備えたバイタリティにあふれる人材を養成し、今後の離島の振興に資することを目的としています。
島づくり人材養成大学 勉強

研修内容

研修はワークショップを中心に行います。一方通行の講義ではなく、全国から集まる参加者同士の情報交換、島づくり活動に詳しい有識者を招いての講義や意見交換、開催地域の「島づくり」事業の見学など、島の活性化に焦点を当てた独自のカリキュラムを組んでいるのが本研修の特徴です。また、昨年度は初めて離島現地で開催され、会場である壱岐島の魅力に触れつつ研修を実施しました。

ワークショップの様子

(例)第25期(平成28年10月12~15日実施)のカリキュラム

    
日程 午前 午後
第1日目(10/12) ・全国各地から福岡市へ ・開講式
・ガイダンス
・島じまん&事前ワーク発表
・交流会
第2日目(10/13) ・博多港から壱岐島(郷ノ浦港へ)
・歓迎あいさつ
・壱岐島づくり事例発表①
 「一支國研究会」
・一支国博物館見学
・チーム防人の方と昼食
・ワークショップ①ダメ出しワーク
・ワークショップ②ダメ返しワーク
・壱岐島づくり事例発表②
 「チーム防人」
第3日目(10/14) ・ワークショップ③目標達成方針
・島内視察(猿岩)
・島内視察(勝本港まつり)
・壱岐島づくり事例発表③
 「みなとやゲストハウス」
・ワークショップ④壱岐の粋なところ
・ワークショップ⑤はじめの3歩
第4日目(10/15) ・成果発表
 「壱岐の粋なところ」
 「はじめの3歩」
・修了式
・壱岐島(芦辺港)から博多港へ
・福岡市から全国各地へ

平成29年度研修期間

平成29年10月11日(水)~10月14日(土)
三重県鳥羽市において3泊4日のスケジュールで開催します。

研修への申し込み方法

本財団会員市町村在住の方に参加資格があります。毎年7月ごろ会員市町村へ送付する募集要項にもとづき、各市役所・町村役場の離島振興担当課を通じ申し込みます。
詳しくは下記までお問い合わせ下さい。

公益財団法人日本離島センター 島づくり人材養成大学担当まで
TEL:03-3591-1151 FAX:03-3591-0036

▲このページのトップへ

公益財団法人 日本離島センター

〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-32 全国町村会館西館5階
TEL 03-3591-1151 FAX 03-3591-0036