会員市町村・支部専用ページ

季刊 『しま』 バックナンバー

季刊『しま』のバックナンバーをご紹介します。
※一部記事内容が閲覧できます。
※208号(2007年1月)から最新号に限ります。

キーワードで探す

平成28年度

  • 248号2017年1月[特集]島の教育と地域づくり・Ⅱ

    高等学校の存続と活性化――「離島留学」「地域学」「公営塾」の試みなど、魅力化先進地からの報告

  • 247号2016年9月[特集]島の教育と地域づくり・Ⅰ

    「離島留学」と「離島通学」――小規模な小・中学校を中心に模索される島再生の試み

  • 246号2016年6月[特集1]有人国境離島法制定

    来年4月施行の新法、「航路等運賃の低廉化」「雇用創出」などに期待がかかる

                [特集2]離島医療と地域づくり

    山田隆司(医師)・大久保明(伊仙町長)両氏による特別対談

平成27年度

  • 245号2016年3月[特集]離島創生の動向・Ⅱ

    「教育の島の創造」「住民の幸福度向上」――市町村「地方版総合戦略」の代表例を策定過程を中心に紹介

  • 244号2016年1月[特集]離島創生の動向・Ⅰ

    策定過程を中心とした市町村「地方版総合戦略」の代表例を紹介、地域継承の方策を考える

  • 243号2015年9月[特集]水産業の新たな展開・Ⅳ

    「離島漁業再生支援交付金」の活用、アンテナ居酒屋や移動販売、後継者確保などの取り組みを紹介

  • 242号2015年6月[特集]水産業の新たな展開・Ⅲ

    漁協と農協との連携、ノリ加工の協業化、低利用魚の商品化事例を紹介

平成26年度

  • 241号2015年3月[特集]水産業の新たな展開・Ⅱ

    「海業」創出、道の駅への出品、クロマグロ養殖、生産過程情報発信の試みを紹介

  • 240号2015年1月[特集]水産業の新たな展開・Ⅰ

    個別漁獲割当制度の施行、海洋深層水を活用した養殖の事業化、藻場の修復・造成による環境再生など、全国各地で取り組まれている新しい動きを紹介

  • 239号2014年9月[特集]離島活性化交付金

    県や離島市町村の代表的な取り組みの概要と成果、今後への期待や展望などを掲載

  • 238号2014年7月[特集]地域おこし協力隊

    全国の島々で活躍されてきた地域おこし協力隊員14人の成果と、受け入れ側の期待や今後の課題などを掲載

平成25年度

  • 237号2014年4月[特集]奄美・小笠原法改正

    各地域振興の展望と改正法への期待、法律の趣旨概説などを掲載

  • 236号2014年1月[特集]離島振興功労者表彰

    平成25年11月に開催された離島振興60周年記念式典の模様をはじめ、国土交通大臣表彰受賞者の功績、記念講演抄録などを掲載

  • 235号2013年9月[特集]都道県離島振興計画

    次期改正まで今後10年間、振興施策の基礎となる7都道県の計画概要を紹介

  • 234号2013年6月[特集]改正離島振興法施行

    離島振興基本方針の概要、離島活性化補助金・交付金、流通効率化事業の具体例など

平成24年度

  • 233号2013年3月[特集]離島振興法への期待

    改正法への期待と展望、住民参加型計画案づくり具体例を紹介

  • 232号2013年1月[特集]離島振興法への期待

    文化景観と海洋環境、経営戦略や“知”の活用による新しい振興論

  • 231号2012年9月[特集]離島振興法改正

    法律の概要、成立に至る経緯と立法者の想い、条文の趣旨概説などを掲載

  • 230号2012年6月[特集]離島振興への提言・Ⅲ

    ロジスティクス、起業・事業創造、重要国土保全、各視座からの政策論

平成23年度

  • 229号2012年3月[特集]離島振興への提言・Ⅱ

    地元学と生活文化、島の自治、地方財政、各視座からの政策論

  • 228号2012年1月[特集]離島振興への提言・Ⅰ

    海洋安全保障、沿岸・海洋空間計画、観光振興、各視座からの政策論

  • 227号2011年10月[特集]宮城県離島 復旧・復興の現況

    震災被害からの立ち直りを模索する九島の現地レポート

  • 226号2011年7月 [特集]離島振興法の改正延長へ向けて

    「離島振興法改正検討会議」報告
    離島振興計画フォローアップ(最終報告)の概要

平成22年度

  • 225号2011年4月 [特集]海と島の日本・XIII

    「森・川・里・海の連環で『里島』復活を」ほか

  • 224号2011年1月 [特集]海と島の日本・Ⅻ

    「文化資産としての島の生活誌」ほか

  • 223号2010年9月 [特集]海と島の日本・Ⅺ

    「島が持つ「海・里・山」の可能性 瀬戸内の藻の利用をめぐって」ほか

  • 222号2010年6月 [特集]海と島の日本・Ⅹ

    「島を根底にした国家観の再生を」ほか

平成21年度

  • 221号2010年3月 [特集]海と島の日本・Ⅸ

    「わが国の海洋管理のための離島の役割」ほか

  • 220号2010年1月 [特集]海と島の日本・Ⅷ

    「海の文化、島の文化<島々の記憶から>」ほか

  • 219号2009年9月 [特集]海と島の日本・Ⅶ

    「島―現代の実相を映す鏡として」ほか

  • 218号2009年6月 [特集]海と島の日本・Ⅵ

    「海、そしてシーカヤックから見た日本列島」ほか

平成20年度

  • 217号2009年3月 [特集]海と島の日本・Ⅴ

    「東京の島々をとりまく海と漁業の現状と課題」ほか

  • 216号2009年1月 [特集]海と島の日本・Ⅳ

    「韓国との国際交流をめぐる対馬の現状と島人の想い」ほか

  • 215号2008年9月 [特集]海と島の日本・Ⅲ

    「島と離島航路の国家的な位置づけを」ほか

  • 214号2008年7月 [特集]海と島の日本・Ⅱ

    「目覚めよ、海と島の日本」ほか

平成19年度

  • 213号2008年3月 [特集]海と島の日本・Ⅰ

    「海洋・国境・離島―いま日本の周縁で何が起こっているのか」ほか

  • 212号2008年1月 [特集]水産物流と商品化の新展開

    「日本の富の源だった島々の活力再生を」ほか

  • 211号2007年9月 [特集]産業創出の底流

    「やる気・本気・陽気に、身の丈農業で島づくり」ほか

  • 210号2007年6月 [特集]島の食と地域活性化

    「佐渡の山里に受け継がれる食の記憶を地域の力に」ほか

平成18年度

  • 209号2007年3月 [特集]移住定住の諸相

    「"田舎暮らし体験ツアー"で定住促進を 」ほか

  • 208号2007年1月 [特集]新春対談

    「島が支える「美しい日本」ほか

▲このページのトップへ

公益財団法人 日本離島センター

〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-32 全国町村会館西館5階
TEL 03-3591-1151 FAX 03-3591-0036